Hatena::Groupgendaishi

『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』

2009-10-14

YSWSエントリーのお願い、とYSWSの希求について。

08:37 | YSWSエントリーのお願い、とYSWSの希求について。 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - YSWSエントリーのお願い、とYSWSの希求について。 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 YSWSエントリーのお願い、とYSWSの希求について。 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

今月23日に行われるYSWS予選トーナメント(第2クール#3)ですが、まだエントリーにかなりの空きがあります。


毎回、初参加の方の何回目かの挑戦の方とが半々ずつくらいで回っているイベントなので、どちらも絶賛募集中です!

我こそはという方は是非、エントリーお待ちしています。

エントリーは下記HPより)


10月23日(金)

open24:00start24:30

場所BBストリート(関内北口から徒歩1分)

charge 1500円(1ドリンク付)


http://mixi.jp/view_community.pl?id=317485

http://ysws.endless-world.net/home.html



(以下は主催者の一人である杉田ナターシャ奈央子の日記より抜粋)


ここでちょっとYSWSの始める時gnkさんと私と飯田華子で話した事を書き綴ってみようと思います。

第一期のYSWSはどうしても声と言葉というものに重心を置いていて、いわばパフォーマンスの幅がどうしても狭くなってしまいました。

そこに三人は疑問を抱いていて、オープンマイクではなく、私達はオープンステージをしたいんだと話合いました。

最初の10分間、エントリー者にステージを自由に使わせようという(過度なものは注意がはいりますが)事で気持ちが三人で固まりました。

この文章を読んでどれだけの人が賛同してくれるかわからないけれども、少し分かってもらえたら嬉しいです。

あくまでオープンステージなのです。どこまで私達はエントリー者にステージを解放できるかも、いまの私には手探りで、多分それはスタッフみんな近いものを感じてると思います。

なんとなくでもこういったYSWSの経緯をブログにも載せていきたいと思います。

2009-10-10

「別のキューバでの生活」 XTC Living Through Another Cuba

06:27 | 「別のキューバでの生活」 XTC Living Through Another Cuba - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「別のキューバでの生活」 XTC Living Through Another Cuba - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 「別のキューバでの生活」 XTC Living Through Another Cuba - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

http://www.lovecms.com/music-xtc/music+ja-living-through-another-cuba.html

http://www.youtube.com/watch?v=zdpbVUiRcr4



別のキューバでの生活

1961年は再び、我々はブタの中に

彼のドラムは、戦争と平和研磨は第二バイオリンを演じて


ロシアとアメリカ激しくている

叫び声を行う場合ではない

あなたの膝と祈るだけ、としているときに

ダウンは、お客様のお別れのキス転ぶ


我々は、フェンスにしているブルドッグ

一方、テニスのオーバーヘッドを再生

それはほとんどすべて、誰かの愛の可能性があります

を赤または死んだ風

水にいくつかの迅速な油を注ぐ

本当にどこから問題ではない

彼は私の恋、彼は私のことを愛し

彼は原子爆弾から引っ張ってくるのフィン


この現象が発生するごとに20歳以上

注意していない場合は、お客様の時計はされません。

放射性グローで唯一のこと

私は自分の耳で私の指を堅持するよ

とは手遅れを作成する前に、希望

多くの場合、これを乗り切るにAlright

リプレイは、 1998年を予定している

2009-10-07

尾形亀之助「十一月の晴れた十一時頃」より

13:07 | 尾形亀之助「十一月の晴れた十一時頃」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 尾形亀之助「十一月の晴れた十一時頃」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 尾形亀之助「十一月の晴れた十一時頃」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

じつと

私をみつめた眼を見ました


いつか路を曲がらうとしたとき

突きあたりさうになつた少女の

ちよつとだけではあつたが

私の眼をのぞきこんだ眼です


私は 今日も眼を求めてゐた

十一月の晴れわたつた十一時頃の

室に

2009-10-06

先生のお手本

16:39 | 先生のお手本 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 先生のお手本 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 先生のお手本 - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

この前書いた詩「黒い鳥」を泉由良さんが英訳してくれました。

僕の拙い英訳と比べてより抒情的で素晴らしい出来です。

(オリジナル)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1292990888&owner_id=426184

(泉由良訳)

http://d.hatena.ne.jp/yura7/