Hatena::Groupgendaishi

『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』

2009-05-30

何をしたって構わない

19:23 | 何をしたって構わない - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 何をしたって構わない - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 何をしたって構わない - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

もし今日吹いているこの風が、理不尽な風でなければ

それは停止するだろう

だれの髪をもかきみだす穏やかな風、走らなければ生まれない向かい風


狂いながら走る牝馬

泣いていることに気づかない父親

一度も産まれなかった僕の兄

それら僕の家族たちを

その写真を、PCごと焼いて


飽き足らないままにふと疾走は止まる

見つめるだけで目の前ではだかになっていく少年

それは僕にとって不快でもなく

心を捨ててしまえるほどの輝きでもない


心を捨てて

生きていけるのならば

それは悲劇ではなくなる

それは喜劇でもなくなる

死を知らないことは恥ずかしいと

僕らは毎日暗唱させられた

死を想えと

そして死を償えと

そしてお前の肉と命をあじわえと


ただ歩くことの残酷さ

あらゆる生活の矛盾

それらすべてを基礎教養として

僕らは叩き込まれたのだ

前置きなしでは喋ることもできない子供たち

やがて羽化して

忘れたころに大人になるだろう

小さい死のように

あじわいの唾を濃くして

天真爛漫に

蚊を殺す


――彼女はこんなふうに喋る

「暑くはなく、そして寒くもない。

もしくは凍えるように寒く、焼けて朽ちるほどに暑い」

だれが彼女に毛布を掛けられるだろう


何をしたって構わないと

ずっと言われつづけてきたんだ

何をしたって構わない

だからさあ

事を起せと

言われつづけて

立ち尽くしても走り出しても

どちらも等しく優しい意味につつまれていて

「事」の意味がだれにも理解できない


どうして僕らは道を踏み外すことができないんだろう

物理法則は間違いで

心も体も間違いで

間違う姿にこそ想いを募らせる

手を取り合って

僕らは間違った未来へ行くだろう

ここにじっとしていても

どこへ足を踏み出すとしても

それらはすべて間違いだから

どうして残酷と分かっていながら遅い歩みをつづけるのだろう


理不尽でなければこの町も空も存在しないのに

どんどん分解されて思い出は震えながら知らない景色になる

知らない町で僕らはまた理不尽な風と会うだろう


そして間違った理想さえ僕らは二度と掲げないだろう

けれど間違った言葉で僕らはいつか語るのだろう

二日酔いにも似た

時には輝く恋のような

溜息の出るほどの無為と徒労を

2009-05-24

投稿詩 on PQs!

00:24 | 投稿詩 on PQs! - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 投稿詩 on PQs! - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 投稿詩 on PQs! - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

やってます。↓

http://www.yuracom.com/ps/mp.html

---

< 投稿ルール >

1 5月24日日曜日からスタート! メールフォームから詩の投稿が出来ます。

2 投稿された詩は迅速にこのwebにアップされてゆきます。投稿規定数は1週間に1篇(それ以上は無効)。

3 7人の審査員がそれぞれ5点満点で投稿された詩にポイントを入れて、その週の平均点を競います。

4 1週間が済むとランキングの発表とそして新しい週の投稿詩エントリの開始です。

5 全7回勝負、つまり7週間このマラソンが続きます。

6 3回以上投稿したひとの上位に入った作品は、オフラインアンソロジィ詩集に収録します。



※ 投稿詩と同時に、HPやイヴェント、詩集などの宣伝を掲載出来ます。メールフォームの備考欄にお書き下さい。

---

2009-05-19

阿賀猥「ママの海」より

01:54 | 阿賀猥「ママの海」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 阿賀猥「ママの海」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 阿賀猥「ママの海」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

それを忘れてはダメ それだけは

と言っていたのは何だったのかしら


(中略)


「ああ、もうすっかり消えてしまったのね

跡形もなく

ママ、私たちのママ」


皆はそう言うの

そんなことはないわ

そういうことではないと思うの、ママ

海の上を踊る光のようなもの

泡のように明滅する美しい利潤

あなたはそういうものではなかったのかしら?

ふっと消えていくもの

消え続けて、止まないもの

ふふっと、

ママ、

辻征夫「沈黙」より

01:44 | 辻征夫「沈黙」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 辻征夫「沈黙」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 辻征夫「沈黙」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

ぼくは友だちに言う

すばらしいことはみんな夢の中で起った

ぼくらはそれを思い出せないで暮らしている

一篇の詩

ぼくらの苦しみでは創り出せない詩

それを思い出そうとしてぼくは歩いている

ぼくの沈黙を許したまえ と

LidiaLidia2013/09/15 20:08I could read a book about this without finding such real-world appesachro!

ArvindArvind2013/09/16 10:28No more s***. All posts of this <a href="http://uhzcxqqiosr.com">qultiay</a> from now on

LatishaLatisha2013/09/18 07:08I've been <a href="http://rnegeuwywew.com">loikong</a> for a post like this forever (and a day)

MollyMolly2013/09/18 21:57An answer from an expert! Thanks for cotirnbuting. http://ocutboi.com [url=http://bmxvqgqqes.com]bmxvqgqqes[/url] [link=http://tvqcllyrb.com]tvqcllyrb[/link]

AllysaAllysa2013/09/20 15:58Weeeee, what a quick and easy solioutn. http://fquncus.com [url=http://asbpycw.com]asbpycw[/url] [link=http://zwntfspfr.com]zwntfspfr[/link]

2009-05-18

吉田恭大「周縁と遍在」(『dagger 1号』収録)より

20:05 | 吉田恭大「周縁と遍在」(『dagger 1号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 吉田恭大「周縁と遍在」(『dagger 1号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 吉田恭大「周縁と遍在」(『dagger 1号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

信号の照らすあなたの泣き顔はきれいでしょうね みんな赤なら

君よりも青いミシンが結露するかつて温室だった納戸に

小田原知保「聞き耳セーラー」(『dagger 2号』収録)より

20:05 | 小田原知保「聞き耳セーラー」(『dagger 2号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小田原知保「聞き耳セーラー」(『dagger 2号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 小田原知保「聞き耳セーラー」(『dagger 2号』収録)より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

ゼラチンのナイフがゆらぐ/自らの首に/みんなが寄り添わせてる

ひたひたと首に寄り添う/ゼラチンのナイフが溶けてしまう/発声

2009-05-17

Ps & Qs 「詩交遊泳」より

15:31 | Ps & Qs 「詩交遊泳」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - Ps & Qs 「詩交遊泳」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 Ps & Qs 「詩交遊泳」より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

http://www.yuracom.com/ps/ps.html

http://d.hatena.ne.jp/ps-qs/


「春鬼(2)」


*1

女は覚悟が良くて/私などより見事に散らかる。/心も足も曝して見せる。/彼女を散らかしたのは/私であった。/その私が目を逸らし/女が真直ぐ/見詰めるものがある。


-----


春がきた。

重たい赤ん坊を背負(しょ)うように

白い薄手のシャツを着て

ずるずると音を立てながら。


わたしがこうして踏んでいる

わたし自身のわたしの影と

靴との隙から這い出してきて、

さあ、ああ、春がきた。


ふと足元に目を遣れば

春はひたすらに丸い眼で

昆虫のように

じっとこちらを見つめている。


芋虫よりもなまめかしい白い手が

わたしの足首をつかむ。


その手に死体の冷たさはなく、

燃えさかる恋の熱もない。

だから震えがとまらない。


×


――もう少しあたたかくなったら、一緒に野球を観にいこう。


そんな呪詛さえ春は吐く。

春は、

気が狂うほどに穏やかな南風を

音にして

声にならしめて

聞くものの脳内で言語に変化し

その想いさえ蝕んでいく。


いつかは在ったはずの

冷たい水のようだったわたしの戦慄は

春に飲まれて今はもうない


×


春の心

春の脳

春の手

春の指先


それがもとから人だったのか

人を丸ごと食らい尽くして

酸素のように隙間なく

人のかたちを埋めたのか


わからないが

ここには春の人形があり

それはわたしの似姿で

心身を共有している。




*1 小川三郎「姿見」(『永遠へと続く午後の直中』収録)より

2009-05-04

Ps & Qs

20:54 | Ps & Qs - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - Ps & Qs - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 Ps & Qs - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

ここで審査員をやります。

作詩なども、ぼちぼち書いています。

http://www.yuracom.com/ps/ps.html

-----

声に出して朗読する詩(所謂Spoken Words)ではなく、眼で読んだときに視覚的悦楽のある詩を書くことが、"Ps & Qs"の目論みです。weblogと並行して、冊子として販売する詩集の制作も行います。泉由良の自主レーベル白昼社の2009年の試みで、あなたも読みませんか? 書きませんか? 感じませんか?

-----

【投稿詩 PQs】

最大7週間(最低3回以上)詩の投稿をして、7人の審査員がつけた点の平均点を競う、詩人7回競技、投稿詩PQs

※ 上位にランクインした詩は、オフラインでの同人誌に収録致します(後日連絡します)。

5月下旬より開始致します。

2009-05-03

ギャンブル

10:22 | ギャンブル - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - ギャンブル - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 ギャンブル - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%9A%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9


偏りのないコインを表が出るまで投げ続け、表がでたときに、賞金をもらえるゲームがあるとする。もらえる賞金は1回目に表がでたら1円(通貨単位は本質ではなく、どんなものでもいい。ベルヌーイの原論文ではダカット(英語)金貨で、現在の約500日本円相当だった)、1回目は裏で2回目に表がでれば倍の2円、2回目まで裏で3回目が表ならまたその倍の4円というふうに倍々でふえる。つまり表が出るまでに投げた回数を n とすると、2(n-1)円もらえるのである。10回目に表が出れば512円、20回目に出れば52万4288円、30回目なら5億3687万0912円である。ここで、このゲームには賭け金が必要であるとしたら、賭け金の金額が何円までなら払っても損ではないと言えるだろうか。

多くの場合、この種の問題では賞金の期待値を算出して、賭け金がそれ以下であれば良いとする。ところが、この問題で実際に賞金の期待値を計算してみると、その数値は無限大に発散してしまうのである。すなわち期待値を W とすると、

W=∞

となる。したがって、期待値によって判断するならば、賭け金がいくら大金であっても参加すべきであるということになる。

ところが実際には、このゲームでは 1/2 の確率で1円、1/4 の確率で2円、1/1024 の確率で512円の賞金が得られるに過ぎない。したがって、そんなに得であるはずがないことは直観的に分かる。ゆえにこれはパラドックスとされる。


サンクトペテルブルクパラドックス ― 出典:フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』2009.5.3

2009-05-02

ナット・ヘントフ「ジャズ・カントリー」木島始訳より

06:12 | ナット・ヘントフ「ジャズ・カントリー」木島始訳より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 を含むブックマーク はてなブックマーク - ナット・ヘントフ「ジャズ・カントリー」木島始訳より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 ナット・ヘントフ「ジャズ・カントリー」木島始訳より - 『転載による現代詩』『クロラ』『小倉拓也』 のブックマークコメント

 「ああ、そういう言いかた、ぼくは知ってるんだ。ね、ユダヤ人が大学を出ると、なまりのある喜劇役者みたいに喋るもんだなんて、誰も思わんだろ。ところが黒人だと、いかす(ヒップ)喋りかたしないと、トム(*)ってことになるんだ。これも、反対の型にはまったやりかたじゃないか。」

 「皮膚の色って、ほんと複雑ねえ。このトムをごらん。このひと、ジャズ・ミュージシァンになりたがってるの。」

 フレッドは、始めて笑った。苛々した笑いかただった。「仲間入り歓迎だ。」かれは、ぼくに手を差し伸した。「部外者(アウトサイダー)たちの。」

 ぼくは、かれの手を取った――じつは取りたくはなかったんだが。



*トム

ここではH.B.ストウ夫人の『トムおじさんの小屋』に出てくる従順な黒人の典型としてのトムということである。黒人たちのあいだでは、「アンクル・トム的」という言葉がしばしば用いられる。