Hatena::Groupgendaishi

肉芽観察現代詩 このページをアンテナに追加 RSSフィード

なんとなくポエム

肉芽観察tumblr

肉芽観察現代詩手帖

肉芽観察記

詩inはてなハイク

2009-05-20

たったひとつの冴えたやり方

| たったひとつの冴えたやり方 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク はてなブックマーク - たったひとつの冴えたやり方 - 肉芽観察現代詩 たったひとつの冴えたやり方 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

うだうだぐだぐだと30年も頭をこねくり回していろいろと考えたのだが、生きてゆくうえで、これだけを守っていれば、そんなに悲惨なことにはならないだろうということがある。

 

それは、

 

「正直に生きる」

 

ということだ。

 

 

外面を取り繕ったり、小賢しく自分が損しないように立ち回ったり、おいしい思いをしようと小手先のテクニックばかりを磨いたり、そんなものはどうでもよいのだ。

 

気に入らないことがあれば気に入らないといえばいいし、いやなことにはいやだといって拒否すればいいし、好きな人には好きといえばいいし、率直にモノを言って生きればよいのだ。

 

近視眼的に見れば、細かい軋轢や失敗や損失を蒙るかもしれない。

しかし、大局を見れば、それなりに充実した人生を歩めるように思う。

 

 

俺は敵もおおいが、それ以上に信頼する友がいるのだ。

トラックバック - http://gendaishi.g.hatena.ne.jp/POGE/20090520