Hatena::Groupgendaishi

肉芽観察現代詩 このページをアンテナに追加 RSSフィード

なんとなくポエム

肉芽観察tumblr

肉芽観察現代詩手帖

肉芽観察記

詩inはてなハイク

2009-05-17

"ARABESQUE"

| "ARABESQUE" - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク はてなブックマーク - "ARABESQUE" - 肉芽観察現代詩 "ARABESQUE" - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

薄布に蔽われた

わたしたちの世界

 

反復せよ

正確な秩序を

 

埋め尽くせ

緻密な幾何学地図

 

 

VEIL

 

 

薄布の向こう側に

わたしたちの世界が在る

 

破壊せよ

創世の楔を

 

解き放て

内奥の叫びを

 

 

ARABESQUE

 

 

剣舞う恍惚曼荼羅

2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク 2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

「丁度良い

お前はお前で丁度良い。

 顔も体も名前も姓も、お前はそれは丁度よい。

貧も食も親も子も息子の嫁もその孫も、それはお前に丁度よい。

幸も不幸も喜びも、悲しみさえも丁度よい。

 お前にとって丁度よい。

地獄へいこうと極楽へいこうといったところが丁度よい。

うぬぼれる要もなく卑下する要もなく上もなければ下もない。

死ぬ日月さえも丁度よい。

お前はそれは丁度よい。

             良寛

2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク 2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

見えてる地雷を設置された日に踏みに行くのは結構快感なんだよ!?

http://blog.livedoor.jp/jin115/archives/51509868.html

2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク 2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

古川: 普通日常を生きていたら、小説なんか必要ない。テレビをつけて他人と話していたらそれで済むわけだから。わざわざ時間を確保して読む人、聴く人は、おかしい人たちなわけですよ。でも、小説音楽がある瞬間に”力”を持つとしたら、例えば本当に戦争とかが起こった時です。砲撃で防空壕へ逃げ込んだ。震えるしかない。その時にもし文庫本が落っこちていたら、iPodがあって知らない曲が1000曲入っていたら幸せですよ。戦争の状況の時にこそ、初めて必要なものですよ。なのにわざわざ日常で本を読みたい、音楽を聴きたい、お金を払ってCDを買う、ライブ会場に来る人たちっていうのは、何か日常戦争状態で、どこか追い詰められている。俺はその人たちに平和を与えるために書く、読むと思うんですね。そこはね、迷わない。迷わなくなったのはここ三年くらいですかね。”

文藝2007年秋号 特集・古川日出男 対談 向井秀徳×古川日出男 戦争状態にいる人に平和をもたらすために

2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク 2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

以前に森博嗣小説で見かけたこと。

 欧米の集団の繋がりはjoinだが、日本の集団は「俺も混ぜてくれ」という言葉通り、mixなのだと言うこと。

 これはとても印象に残っている。(出典となる小説は失念)

 

 確かに欧米はjoinによって繋がっていくリンクリストみたいな感じがして、そのjoinの連鎖が数多く発生していて、最終的には複雑に絡み合ったチェーンみたいな気がしている。

 これは、直接その集団に触れた訳ではないので思いこみも入っているだろうけれど、Webサイトにおける繋がりも欧米コミュニティも、それらの人々が書く書籍にもそうした色が濃く現れているように感じる。チェーンの中をけたたましくエネルギが行き交う感じがして仕方がない。

 そして、やっぱり日本はmixであって集団に溶けこむ事で個を失っていくというか、mixiのように繋がっていても集団の中で個は打ち消されていくような感じをうける。

 自分自分であることは許されないというか、人格性癖も特徴も個性も抑圧されて、ただひたすらに集団の構成要素であることを求められているような気がする。(例えばmixiにおける暗黙的な儀礼などがそれ)

 要するに日本において集団に溶けこめない人たちというのは、このmixにおける打ち消しに常に反発を覚えるのではないのかなぁ、と感じたということ。

 組織なんてものはその最たるもので、出来るだけ個を特出させないような仕組みなってしまっている。卓越した技能があっても、組織に適さないということで放逐される人もいるし、放逐されないまでも槍玉に挙げられるのがしばしばだ。

http://d.hatena.ne.jp/Isoparametric/20060915/1158282937

2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 を含むブックマーク 2009-05-17 - 肉芽観察現代詩 のブックマークコメント

“高度に発展した深読みは深刻な妄想と区別が付かない。”

トラックバック - http://gendaishi.g.hatena.ne.jp/POGE/20090517